「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も|WWD JAPAN Vol.2264

※最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
※配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などの影響により、上記日数が前後する場合がございます。
※本紙タブロイドサイズの為、二つ折りのお届けになります。
※番地や建物名、社名など、住所欄に漏れがないようご入力をお願い致します。

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。ラフ・シモンズは27年続けたブランドを突然終了。その背景には、「プラダ(PRADA)」へのより一層の注力があるのではないか?と言われています。紙面では、「ラフ・シモンズ」を取り扱っていた世界の小売店のバイヤーを直撃。突然のブランド終了について率直な感想を聞くと同時に、「プラダ」の今をまとめながら、ラフ・シモンズの今後の活躍を予想しています。

「グッチ」を去るアレッサンドロ・ミケーレについても、その背景を分析しました。今なお成長を続けてはいるものの、そのスピードがライバルのLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH Moët Hennessy Louis Vuitton)に水をあけられつつある現状を踏まえ、アナリストの見解とともにまとめました。臆せず冷静に分析するアナリストの意見、「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」というブランドの大刷新に成功した「グッチ」の親会社ケリング(KERING)のポテンシャル、一方で「ボッテガ・ヴェネタ」とはケタが違う規模感の「グッチ」における大変革の可能性などを多角的に捉えています。

特集は、毎年恒例のメディア特集です。出版各社は雑誌からウェブ、最近はSNSやイベント、セミナー、会員制ビジネスまでビジネスを拡大していますが、最近はマーケターやアドバイザー、パートナーとして、メーカーや小売のブランディングやコンサルティングまで務めるケースも現れました。なぜメーカーは編集者とタッグを組むのか?編集者のどんな資質に期待を寄せるのか?具体的な事例とともに紹介します。宝島社によるイトーヨーカドーとのプライベートブランド開発、「モダンリビング」による富裕層向けのインテリアコーディネート、「コモンズ&センス」がオープンしたナチュラルなコスメ&フードのセレクトショップなどを取り上げた他、元祖マルチタレントな編集者として活躍を続ける戸賀敬城さんにも話を聞きました。また後半では、集英社の「シュプール」と「マキア」、小学館の「オッジ」、講談社の「ヴォーチェ」、光文社の「ヴェリィ ネイビー」、マガジンハウスの「ブルータス」、ハースト婦人画報社の「ハーパーズ バザー」と「エル・デコ」、コンデナスト・ジャパンの「ワイアード」、主婦と生活社の「レオン」の編集長や編集室長、編集部員の皆さんのインタビューも掲載しています。

WWDJAPAN
STEPHANE FEUGERE / WWD ©︎FAIRCHILD PUBLISHING, LLC
VALENTINA SOMMARIVA / GUCCI ©︎FAIRCHILD PUBLISHING, LLC

WWDJAPAN BEAUTY
PHOTO : SHINICHI YAMAGUCHI
DESIGN : JIRO FUKUDA

¥550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥200が掛かります。