サステナビリティ特集 アパレル・ビューティ企業は循環の地図を描けるか|WWD JAPAN Vol.2256

※最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
※配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などの影響により、上記日数が前後する場合がございます。
※本紙タブロイドサイズの為、二つ折りのお届けになります。
※番地や建物名、社名など、住所欄に漏れがないようご入力をお願い致します。

10月3日発売の「WWDJAPAN」では、回収から始まる循環ビジネスを特集します。

最近、アパレルや化粧品の店頭で、不要品の回収ボックスをよく見かけるようになりました。箱には大概、リサイクルのマークが描かれており、箱に入れたアイテムは、ペットボトルと同じようにリサイクル、再利用されることを想起させます。果たして、実際はどうなのでしょうか?家電や飲料容器と比べて遅れているといわれる繊維・化粧品のリサイクルの現状と課題、そしてその可能性に迫るため、ファーストリテイリングやワールド、H&M、高島屋など衣料回収の取り組みを進める主要企業14社にアンケートを実施しました。

循環を実現するためには、静脈産業との連携が欠かせません。伊藤忠商事がエコミットと組んで進める回収サービス「ウェア・トゥ・ファッション」や、帝人フロンティアとファイバーシーディーエムの協業などについても取材しました。

とは言っても、これまで「作る」と「売る」に集中してきた業界の大多数にとって、循環は「知らない世界」です。そこで産廃業者のナカダイホールディングス代表と、慶應技術大学環境情報学部で資源循環について研究を進める識者2人に、アパレルや小売が持つべき視点について伺いました。

米国版「WWD」の翻訳記事からは、「グッチ(GUCCI)」や「サンローラン(SAINT LAURENT)」を傘下に持つケリングが、ビューティー市場に参入するのではないという憶測について取り上げます。

「ファッション&ビューティ パトロール」のコーナーでは、8月20日に開催された「バーチャルマーケット2022年サマー」を取材した記者が、奥深いバーチャルファッションの世界をリポートします。

PHOTO : KAZUSHI TOYOTA

¥550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥200が掛かります。