新たな風を吹き込むデザイナーたち 2023年春夏「東京コレクション」特集|WWD JAPAN Vol.2253

※最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
※配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などの影響により、上記日数が前後する場合がございます。
※本紙タブロイドサイズの為、二つ折りのお届けになります。
※番地や建物名、社名など、住所欄に漏れがないようご入力をお願い致します。

9月12日発売の「WWDJAPAN」は、2023年春夏東京コレクション特集です。8月29日〜9月3日に行われた「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」には49ブランドが参加し、国内外のバイヤーやジャーナリストに向けてリアルショーやオンライン形式でコレクションを披露しました。今シーズンは、新鋭デザイナーたちが持ち味を生かしたショーを披露し、東コレに新たな風を巻き起こしました。トップバッター「フェティコ(FETICO)」をはじめ、「M A S U」「ワタル トミナガ(WATARU TOMINAGA)」「クードス(KUDOS)」「スドーク(SODUK)」など、初参加組のスマッシュヒットを詳しく紹介。その背景にあるサポート体制の充実や、運営キーパーソンによるシーズン総括もお届けします。さらにベテラン・中堅からは、冠スポンサー楽天の支援枠「バイアール(by R)」で参加し、ブランドの集大成を見せた「アンリアレイジ(ANREALAGE)」「ヨシオクボ(YOSHIOKUBO)」、2度目のショーで前を向く決意を示した「フミエ タナカ(FUMIE TANAKA)」などを掘り下げます。裏表紙では、ファッション・ウイーク中に起こったハプニングや面白ネタをまとめました。

 連載企画では、ディマンドワークス代表の齊藤孝浩氏が決算書からアパレルビジネスを読み解く「ファッション業界のミカタ」で、インディテックス、ファーストリテイリング、しまむらの3社にフォーカス。PL(損益計算書)とBS (貸借対照表)を比較し、それぞれの収益構造にBSがどう影響しているかを分析します。ビューティニュースから業界を展望する「ビューティインサイト」は、話題の“コンビニコスメ”に言及しました。

DESIGN : JIRO FUKUDA
PHOTOS : SEIGO ISHIZAKA(FETICO), KAZUSHI TOYOTA(M A S U / KUDOS / SODUK), KOJI HIRANO(WATARU TOMINAGA / YOHEI OHNO)

¥550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥200が掛かります。