未来を切り拓く「R&D(研究と開発)」のススメ‬‬‬|WWD JAPAN Vol.2235

※最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
※配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などの影響により、上記日数が前後する場合がございます。
※本紙タブロイドサイズの為、二つ折りのお届けになります。
※番地や建物名、社名など、住所欄に漏れがないようご入力をお願い致します。

WWDJAPAN」5月9日号は「R&D特集」。R&Dとは“研究と開発(Reserch&Development)”の意。ファッション&ビューティ業界において、商品や製品の他にないデザインや機能性は、競争力に直結します。時代感や消費者のニーズを捉えた新素材や成分を「研究」し、商品 や サービスを「開発」するサイクルを、たゆみなく回し続けることが重要です。

コロナ禍で選別淘汰が進む中、ファッション&ビューティ企業は生存戦略が急がれています。ただ、目先の成果にとらわれていてはR&Dの成果も限られたものになるでしょう。未来を作るイノベーションのヒントはどこに隠れているのでしょうか。取材の中で、単に資金力や開発設備が潤沢かどうかではなく、「視点」こそが重要だということが分かってきました。

2019年秋、ビームスはJAXA、豊島と協業して国際宇宙ステーション滞在用ウエアを開発しました。22年春にはバイオベンチャーのトライフ(横浜市)による「スペースコスメ」も誕生。特集ではビームス、豊島、トライフによる鼎談を収録しました。「宇宙」という途方もなく高い視座に立った商品・製品のR&Dから得られたものは大きかったようです。

ポーラ・オルビスホールディングスの“ぶらぶら研究員”の一日にも密着しました。研究室の外に出て美術展に足を運んだり、中国の伝統工芸の名家と対談したり。一見、製品開発とは関係なさそうな彼女の研究活動の狙いも、サイエンスの枠組みにとらわれず、知見を広げる取り組みです。

¥550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥200が掛かります。