2022-23年秋冬メンズ・コレクション Nigo最初の「ケンゾー」、ヴァージル最後の「LV」、躍動した東京デザイナー|WWD JAPAN Vol.2222

※最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
※配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などの影響により、上記日数が前後する場合がございます。
※本紙タブロイドサイズの為、二つ折りのお届けになります。
※番地や建物名、社名など、住所欄に漏れがないようご入力をお願い致します。

「WWDJAPAN」2月7日号は、2022-23年秋冬メンズ・コレクション速報です。Nigoによる新生「ケンゾー(KENZO)」や、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)最後の「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」などのビッグニュースのほか、「ディオール(DIOR)」「ジル サンダー(JIL SANDER)」「フェンディ(FENDI)」など主要ブランドのコレクションをリポート。時代の節目とも言える今シーズンは、コロナの打撃を受けながらも、前を向くデザイナーのエネルギーと個性を自由に表現するムードが漂いました。東京・浅草の商店街でリアルショーを行った「メゾン ミハラヤスヒロ(MAISON MIHARA YASUHIRO)」や、スクランブル交差点で手作りのメタバースを表現した「ダブレット(DOUBLET)」など、東京デザイナーも果敢にリアルショーに挑戦しました。「ジュンヤ ワタナベ マン(JUNYA WATANABE MAN)」など、デジタルで存在感を見せたブランドも紹介します。さらに、海外の現地取材コンビがシーズンをざっくばらんに振り返る対談企画や、海外の若手ブランド5選、取材班が見出したトレンドをバイヤーがぶった切るアンケート企画も掲載します。

編集部員が気になるトピックを掘り下げるミニ特集では、結婚式やパーティーなどが減少する中で、ニーズと向き合うことで手応えを感じる新しいドレス商材を紹介。裏表紙の「ファッション&ビューティ パトロール」では、バレンタインに最適なメンズ下着をお届けします。

¥550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥200が掛かります。