サステナ・シフトに向けて動き出したアパレル企業のアイデア集|WWD JAPAN Vol.2206

※最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
※配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などの影響により、上記日数が前後する場合がございます。
※本紙タブロイドサイズの為、二つ折りのお届けになります。

「WWDJAPAN」10月4日号は、「サステナ・シフト宣言」特集です。いよいよ、サステナビリティの取り組みを本格化させる動きが顕著になってきました。ブランドリニューアルや、新しいプロジェクトなどが登場し、取り組んでいる人たちの話の多くは、ポジティブでアイデアにあふれています。今まさにシフトしようとしている人たちや「どこから始めればいいの?」と悩みを持つ業界関係者に向け、本号では「サステナ・シフト」をした企業やブランドの具体的な取り組みをまとめました。

環境負荷の少ない素材を探してみる、廃棄が少ないパターンを採用してみるといったできるところから着手した事例のほか、ファーストリテイリングやアダストリ、ロンハーマン、CFCLといった先行企業からは直近のアクションプランをヒアリングし、リスト化しました。また、アメリカンファッションデザイナーズ協議会が中小企業に向けて公開している「KPIデザインキット」も紹介しています。本号で集めたアイデアをもとに、まずは社内でディスカッションをしてみるというのもオススメです。

表紙を飾ったのは、5月末にサステナビリティの公約を発表したロンハーマンチームのみなさん。同社は現在、再生可能エネルギー事業として千葉県匝瑳市にソーラーシェアリングの発電所を建てています。ロンハーマンチームを施行中のソーラーパネルの前で撮影しました。

¥550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥200が掛かります。