「繊維商社の3D WAVE、有力企業8社のトップがサステナビリティとデジタル投資に大号令|WWD JAPAN Vol.2193

※最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
※配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などの影響により、上記日数が前後する場合がございます。
※本紙タブロイドサイズの為、二つ折りのお届けになります。
※オリンピック・パラリンピック期間中は配送の遅延が予想されます。出荷につきましては逐次行っておりますが、ご了承頂けますと幸いです。


「WWDJAPAN」7月5日号は、「繊維商社の3D WAVE 有力企業8社のトップがサステナビリティとデジタル投資に大号令」です。日本のアパレル産業の“ハブ(中心・中核)”であり、ファッションビジネスの表も裏も知り尽くす有力繊維商社のトップ8人に、日本のアパレル産業の今とこれからを聞いています。巻頭ページでは、繊維商社出身で外資の戦略コンサルティングファームのパートナーを務め、数々のアパレル・小売りのターンアラウンドマネジャー(企業再生に携わる経営のプロ)である河合拓氏に、繊維商社の未来像を聞いています。

特集に登場するのは、帝人フロンティアの平田恭成社長、豊島の豊島半七社長、ヤギの八木隆夫社長、日鉄物産の吉本一心・取締役常務執行役員、モリリンの森正志社長、スタイレム瀧定大阪の瀧隆太社長、タキヒヨーの瀧一夫社長、瀧定名古屋の瀧健太郎の8人。3DCADを軸にしたアパレルビジネスの新しい形と、サステナビリティに取り組む背景を語ってもらいました。

ニュースでは、先日、社長の電撃退任を発表したシロ(SHIRO)の今井浩恵シロ代表取締役会長に直撃インタビューを実施。創業地である北海道砂川市で取り組むプロジェクトの全貌を聞いています。人気連載「容子の部屋」をパワーアップさせた新連載「LOVE=好きの先の幸せ」の第一回目にはクラスカ取締役で「クラスカ ギャラリー&ショップ ドー」のディレクターを務める大熊健郎さんが登場します。

COVER CREDIT
ILLUSTRATION:haggie K

¥ 550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料200円が掛かります。