感情を揺さぶる服と映像表現 2021-22年秋冬コレクション特集 前編|WWD JAPAN Vol.2178

※最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
※配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などの影響により、上記日数が前後する場合がございます。
※本紙タブロイドサイズの為、二つ折りのお届けになります。

 「WWDジャパン」3月15日号は、2021-22年秋冬ウィメンズ・コレクション特集 前編です。新型コロナウイルス感染症の影響から、ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリの4大都市ファッション・ウイークは完全オンライン化。編集部がリモート取材を行う中で、感情を揺さぶるような映像表現が印象的だった28ブランドを紹介します。特集内では「ランウエイ形式」「迫力の演出」「ブランドの世界観を凝縮した映像表現」「ダンスを融合した動画発表」の4つの切り口で解説。表紙は、”感情と動作”に着目して心に訴えかけるような映像を見せた「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」です。

 また、東日本大震災から10年が経ち、被災した縫製業を取材。高さ14mを超える津波が押し寄せた岩手県久慈市の岩手モリヤや久慈ソーイングのほか、被災地に仕事を生んできた気仙沼ニッティングに話を聞きました。またビューティ業界による復興支援にもフォーカス。義援金や物資提供だけでなく、心のケア、就労支援を続けてきた花王と日本ロレアルの活動を取り上げます。

 さらに、デジタル化が進みインスタライブの運営や、オンライン展示会の対応に追われるブランドプレスのお仕事についても紹介。エレメント ルールの「エジック(EZICK)」、マッシュスタイルラボの「セルフォード(CELFORD)」、マークスタイラーの「エモダ(EMODA)」のブランドプレスに仕事内容の変化について語っていただきました。

 定例コーナーの「ファッションパトロール」では、コロナ禍のバレンタイン&ホワイトデー事情を調査。東京モード学園の学生たちに聞いたバレンタイン&ホワイトデーまつわる恋バナを紹介します。

¥ 550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料200円が掛かります。