時代と呼応する“ホーマル”が気持ち良い! 「2021-22年秋冬メンズ・コレクション」リポート|WWD JAPAN Vol.2172

※最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
※配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などの影響により、上記日数が前後する場合がございます。
※本紙タブロイドサイズの為、二つ折りのお届けになります。

 「WWDジャパン」2月8日号は「2021-22年秋冬メンズ・コレクション」特集です。デジタル形式で発表したピッティ、ミラノ、パリの3都市では、社会のムードに呼応した3つのトレンドが台頭。ホームウエアとフォーマルを掛け合わせた“ホーマル”、ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が提案する、手持ちの服と合わせやすいスタイルでワードローブを強化(レインフォース)していく“レインフォース ワードローブ”、異なるムードやアイテム同士を融合し、人との繋がりを表現する“ストロング ハイブリッド”です。「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ディオール(DIOR)」などのブランドから、各トレンドの具体例を紹介します。さらに、1月25〜28日にオンラインで開催された「2021年春夏オートクチュール・コレクション」にもフォーカス。「フェンディ(FENDI)」のウィメンズ・アーティスティック・ディレクターに就任したキム・ジョーンズ(Kim Jones)による初コレクションや、アルベール・エルバス(Alber Elbaz)による新ブランド「AZファクトリー(AZ Facotry)」をはじめ、5つのトピックスを掘り下げます。人気連載「ファッションパトロール」では、今年2月5日に封切られた映画「樹海村」(配給:東映)に出演する若手実力女優の山田杏奈と山口まゆの2人に、映画やプライベート、ビューティのこだわりについて聞きました。

 特集では他にも、パステルカラーやアウトドア系レトロジャケット、ガウンコートなど流行しそうなアイテムをユーチューブのタイトルっぽく紹介します。またミニ特集として、国内外の企業から「女性が働きやすい福利厚生とは何か?」を考えました。

¥ 550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料200円が掛かります。