「レディメイド」特集 ゴミから価値を生み出すデザインに迫る 「ナイキ」コラボ世界初詳細も|WWD JAPAN Vol.2171

※最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
※配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などの影響により、上記日数が前後する場合がございます。
※本紙タブロイドサイズの為、二つ折りのお届けになります。

 「WWDジャパン」2月1日号は「レディメイド」を特集します。「レディメイド」の細川雄太デザイナーは店を持たず、ファッションショーもせず、ファッション業界が常識としたところとは違ったアプローチで、メキメキと実力をつけてきました。国際的な視野を持ち、新しい価値を創出してきた「レディメイド」の新しい時代のモノ作りに迫りながら、ファッション業界の未来を探ります。ほかにも「文化の盗用」問題やコロナ下のリーシングの裏側などを取材。ビューティは「2021年春夏 新色&ベースメイク」を特集しています。

 「レディメイド」は、ファッション業界が目指しているサステナブルなファッションストーリーを具現化している数少ないブランドです。既にある素材を世界中から集めて再編集し、ときには行列を作って完売させる――そんなモノ作りの背景とビジネスを細川雄太デザイナーへのインタビューと、「レディメイド」をよく知る国内外のアーティスト、デザイナー、バイヤーらの意見を集めて構成しました。さらに、今号が世界初の紹介となる「ナイキ」×「レディメイド」のコラボスニーカーの制作秘話や、カニエ・ウェストの元仕掛け人と細川デザイナーがタッグを組んで手掛ける新ブランド「セントマイケル」のことなど、充実のラインアップでお届けします。

 ビューティ連載「ビューティ・インサイト」はエコノミストの崔真淑を招き、化粧品業界のDXの未来について、ifs未来研究所所長が未来について考える連載「容子の部屋」のゲストはスノーピークの山井梨沙社長です。ジャーナリストの三浦彰による「ファッション&アパレル関連株騰落率ランキング」や菅付雅信による連載「不易と流行のあいだ」も読みどころ。ラジオナビゲーターとして活躍するデザイナーのマリエによる新4コマ漫画「プラスチックモンスター」もスタートします。

COVER CREDIT
PHOTO:KOUSUKE MATSUKI

¥ 550

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料200円が掛かります。