循環型ファッションが2021年のキーワード 記者が選ぶ21アイテム|WWD JAPAN Vol.2168

※最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
※配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などの影響により、上記日数が前後する場合がございます。
※本紙タブロイドサイズの為、二つ折りのお届けになります。

 2021年第1弾となる1月4&11日合併号は、2021年のビジネスキーワードとなる「循環型ファッション」の特集です。今、全世界で大量生産・大量消費・大量廃棄の直線型経済から、リサイクル、再利用、再生産、省資源製品開発、シェアリングなどを通じて資源を循環させる循環型経済への移行が急務になっています。ファッションデザインにおいても“循環型”が重要なキーワードです。従来の形や柄、色、トレンド性などをポイントにしたプロダクトデザインから、リサイクルを前提とした、さらにいうとその先の廃棄までを想定した仕組みを含めたデザインが求められるようになっているのです。

 そこで同号では、「WWD ジャパン」が考える循環型ファッションを実現するためのキーアクションをもとに、各記者が魅力的だと感じた商品を紹介します。リサイクルナイロン糸「エコニール」を使った「グッチ(GUCCI)」のバックパックや、廃棄衣類を原料とした「H&M」のドレス、100%リサイクル材を使用した「アヴェダ(AVEDA)」のヘアトリートメントなど全21アイテムが登場します。

 ミニ特集では、1都3県に再び発令された「緊急事態宣言」を受けて、百貨店やファッションビル各社の対応を取り上げます。ビューティの話題からは、今注目を集めている3種のトリートメントを、人気美容師のコメントを交えて解説します。ファッションパトロールでは、今年の干支に合わせ“モ~レツ”にほしい丑年アイテムを紹介します。

PHOTO:YOZO YOSHINO

¥ 550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料200円が掛かります。