営業再開後6〜7月の商況を調査 百貨店の“新しい日常”に迫る|WWD BEAUTY Vol.610

最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などにより前後する場合がございます。

 「WWDビューティ」8月27日号は、恒例・半期に一度の百貨店特集です。これまでの百貨店特集では過去半年の商況を調査していましたが、新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令されて、各百貨店は休業を余儀なくされました。そのため、今回は休業明けの6〜7月の商況について主要百貨店8社に取材しました。新型コロナの水際対策として外国人の入国制限を行ったことで、免税売り上げはほぼゼロに。そんな状況の中でまず強化したデジタル活用のアプローチや、ECを利用しない層に向けた電話注文キャンペーンについても紹介します。ニュース面は、フリーランス美容師向けシェアサロンプラットフォームを運営するゴウトゥデイシェアサロンが新たに10億円を資金調達し、累積資金調達額約13億5000万円を今後どのように活用し成長していくかを取り上げています。

 そのほか、「ウズ(UZU)」から9月2日に登場する、質感など賞が異なる7色のリップスティック「38°C/99°Fリップスティック<ユー>」や、「ジーユー(GU)」がコスメブランド「#4me by GU」をスタートさせて、コスメ市場に本格参入するニュースについても紹介します。

 また、第2特集として「WWDジャパン」8月24日号から抜粋、加筆した“持続可能な企業になるためのサステナビリティ”についてもお届けします。連載「ロングセラーの理由教えます!」では、1998年に発売した“洗い流さない”トリートメントでアウトバストリートメント市場をけん引し続ける「ラサーナ(LA SANA)」を取り上げています。海外通信はシンガポール編として、ムスリム人口増加で注目を集めているハラル化粧品について解説します。

¥ 550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料150円が掛かります。