持続可能な企業になるために必要なこと|WWD JAPAN Vol.2150

最新号・バックナンバーの発送は御注文頂いてから3~5日以内になります。
配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などにより前後する場合がございます。

 「WWDジャパン」は8月24日号を皮切りに「サステナビリティ特集2020 持続可能な企業への道」を毎月1回企画し、ステップを踏んで7号にわたって解説していきます。「WWDジャパン」は、これからの時代に“選ばれる企業”になるための鍵は“透明性”だと考えます。企業活動を“見える化”することで自社の問題点が明確になり、事業を進める意思決定の指針になるからです。では、ファッション産業における“透明性”とは具体的に何でしょうか?8月24日号ではステップ0として「透明性とは何かを知る」と題し、透明性を追求する企業や団体の視点を通じて、その意義を特別観音見開き仕様で紹介します。ケリング(KERING)やアディダス(ADIDAS)、ザ・ノースフェイス(THE NORTHE FACE)やH&Mへネス・アンド・マウリッツ(H&M HENNES & MAURITZ)といったESG(環境・社会・ガバナンス)経営が評価されている企業のキーパーソンがサステナビリティ戦略のポイントを語ります。

 ニュース面ではコロナ禍で破綻に追い込まれた米「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」の再建計画を徹底解説します。買収した米アパレル運営会社のスパーク・グループ(SPARC GROUP)による同ブランドへの起用がウワサされている“大物デザイナー”候補、既存の店舗や経営陣がどうなるかなどを解説します。また、有力ファッション企業の2020年3~5月期、4~6月期の決算をまとめました。店舗休業で赤字転落の企業が続出した一方、生活インフラとして存在感を高めた企業やデジタルシフトで急伸したEC関連企業などの“ニューノーマル(新常態)”で明暗がはっきりした「コロナ決算」を解説します。

 ファッションパトロールは1号限りの特別版「サステナビリティ パトロール」として、ファッション&ビューティ産業がもたらす環境汚染問題の現実を数字で紹介します。

PHOTO:AID/AFLO

¥ 550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料200円が掛かります。