川久保玲が語る「コム デ ギャルソン」の50年 “ファッションはビジネスの中で使う素材。そうなったのは、偶然だ。”|WWD JAPAN Vol.2093

最新号・バックナンバーは御注文頂いてから3~5日以内になります。
配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などにより前後する場合がございます。

 7月22日号の「WWDジャパン」は「コム デ ギャルソン(COMME DES GARGONS)」川久保玲のインタビューを掲載しています。ほとんどインタビューを受けることのない川久保玲に5月、米「WWD」が米・ニューヨークで直撃。今年ブランド創設50周年を迎えた「コム デ ギャルソン」のクリエイションとビジネスの両面を、夫であるエイドリアン・ジョフィー(Adrian Joffe)=コム デ ギャルソン インターナショナル最高経営責任者(CEO)兼ドーバー ストリート マーケットCEOの通訳のもと、率直に語っています。

 「自分をデザイナーだと自覚したのはいつか?」という問いに対して「私はファッッションデザイナーではなく、ファッションをビジネスとして利用していると考えている」と答えており、今回の表紙にも引用されている言葉「ファッションはビジネスの中で使う素材。そうなったのは、偶然だ」につながります。クリエイションとビジネスを両立させる世界的デザイナーの思考を知ることができる貴重な機会になっています。

 2019-20年秋冬オートクチュール・コレクション詳報では、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)亡き後の「シャネル(CHANEL)」「フェンディ クチュール(FENDI COUTURE)」について紹介しています。また、オートクチュールを支えるアトリエの縫製師であるプティ マンにフォーカスし、その熟練の職人技に迫るとともに、クチュールでも広がりつつあるサステイナビリティーやエコフレンドリーな動きにも触れています。

 ニュース面では、ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)とともに循環する服と人工クモの糸を発表したアディダス(ADIDAS)のサステナ戦略を取り上げました。同社が4月から次々と発表する試作品を、協業した企業や用いた最新技術とともに紹介しています。さらに秋に東京で巡回展を開催する「シャネル」のトップにインタビューをしました。ブルーノ・パブロフスキー(Bruno Pavlovsky)=プレジデントが語る同展の見どころも紹介します。

¥ 500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料150円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。