ヘアサロン版ベストコスメアワード2019 美容師が選ぶNo.1アイテム|WWD BEAUTY Vol.556

最新号・バックナンバーは御注文頂いてから3~5日以内になります。
配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などにより前後する場合がございます。

 「WWDビューティ」7月11日号は、恒例の「ヘアサロン版 BESTコスメアワード2019」です。今回は都内の人気ヘアサロン50軒の美容師131人に「2018年下半期~19年上半期に実際使ってみてよかった商品」についてアンケートを実施。シャンプー、トリートメント、頭皮・育毛ケア、スタイリング剤、ヘアカラー、カラーケアなど全11部門から選出しました。

 各部門とも1~3位のランキング形式でアイテムを掲載。1位のアイテムは美容師の「実際に使ってみてよかった」という声を併せて紹介しています。注目のポイントは美容機器とスキンケア&インナーケアを除いた主要9部門で、1位を分け合ったミルボンとナプラの製品です。さらにヘアカラー部門を除くと「オージュア(AUJUA)」と「エヌドット(N.)」の2ブランドの独占で、両ブランドの強さが際立つ結果となりました。

 また、前回新設したスキンケア部門は、インナーケアまで拡大して選出。今後に大きな期待ができるカテゴリーとして注目です。また入賞には至らなかったものの、今後の成長を予感させるアイテムもピックアップ。プロの目が選んだアイテムから、次のトレンドを読み解きます。

 ニュース面では、2大化粧品小売りチェーンである「セフォラ(SEPHORA)」と「ウルタ(ULTA)」のグローバル戦略を取り上げ、今年韓国に初進出を果たす「セフォラ(SEPHORA)」と、初の国外店舗となるカナダへの出店計画を進める「ウルタ(ULTA)」の両社の取り組みを解説します。そのほか、資生堂が展開するスキンケアのパーソナライゼーションを実現するサービス「オプチューン(OPTUNE)」のサブスクリプションについて資生堂ジャパンの杉山繁和社長に聞きました。

 第2の“スキコン”として、化粧水と美容液を融合した新感覚の化粧液「フローラドリップ」を発売する「アルビオン(ALBION)」、11月1日に開業する渋谷スクランブルスクエアに出店する化粧品ブランドのニュース、「クラランス(CLARINS)」から登場する肌タイプ別のスクラブ洗顔料、ブースター美容液を刷新する「マリコール(MARY COHR)」、敏感肌スキンケアのプレステージシリーズを発表した「ディセンシア(DECENCIA)」などを掲載しています。

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料150円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。