2019‐20年秋冬バックステージはエレガントに回帰 赤リップが完全復活|WWD BEAUTY Vol.546

最新号・バックナンバーは御注文頂いてから3~5日以内になります。
配送先の地域・天候・交通事情、また週末・祝日などにより前後する場合がございます。

「WWDビューティ」4月25日号は、ニューヨーク・ロンドン・パリ・ミラノ・東京の2019-20年秋冬コレクションのバックステージトレンドをまとめます。ファッションのトレンドが、ここ数シーズン市場を盛り上げていたストリートから、エレガントやクラシカルに戻っていることもあり、ヘアメイクアップのトレンドもストリートトレンドに合わせたカラフルなものから“大人っぽい”メイクへとシフトしました。それをもっとも印象付けたのは赤リップの復活です。

 クラシカルな赤リップは全都市で登場し、リップペンシルでていねいに輪郭を描いてからビビッドなレッドで唇全体を染め上げたものや、あえてリップラインをぼかしたもの、ラメを乗せたものなど、多様な表現が多く見られました。エレガントな赤リップにはナチュラルなアイメイクを合わせるなど、リアルに落とし込めそうなスタイルが増えていたことにも注目です。

 特集ではニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラノ、東京のバックステージで見たヘアメイクのトレンドを洋服のトレンドと共に紹介。実際にバックステージで活躍する池田ハリス留美子ELC「M・A・C」シニアアーティストと、豊田健治・資生堂ビューティークリエイションセンター ヘアメイクアップアーティストのコメントもピックアップしています。

 ニュース面では、2019年春夏のフレグランス市場を振り返り「フレデリック マル(FREDERIC MALLE)」「キリアン(KILIAN)」「パルル モア ドゥ パルファム(PARLE MOI DE PARFUM)」などの日本への本格ローンチ、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「ディオール(DIOR)」といった注目度の高いブランドの大型新商品の相次ぐ発売など最新動向を、4つのトピックスとともに探ります。

 そのほか、成分を強化してリニューアルする「クラランス(CLARINS)」の人気美容液や、ロフトが初開催したメンズコスメフェス、日本最大級の美容師オンラインサロン「ビーオーシー オンラインサロン(B.O.C.online Salon)」、人気のリップを刷新する「オペラ(OPERA)」、素肌感を重視してリニューアルする「ロレアル パリ(L'OREAL PARIS)」の人気ファンデーション、化粧品をスタートする「エルメス(HERMES)」のニュースなどを紹介しています。

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料150円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。