2019年春夏パリは“脱ストリート”へ 「バレンシアガ」の“脱ストリート”宣言の真相は?|WWD JAPAN Vol.2051

※ 商品のお届けは、原則としてDM便にてお届けいたします。お届けまでの目安は、出荷から投函まで3日〜5日程度のお時間を頂いております。
※ 配送方法の特性上、お届け日のご指定は承っておりません。

 10月22日号の「WWDジャパン」は、2019年春夏パリトレンド特集です。一大トレンドだったストリートムードが落ち着きを見せ、パリでは“ネオ・テーラード”と“モード・アスレチック”という新たなキーワードが浮上しました。「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)=アーティスティック・ディレクターの“脱ストリート宣言”の真相を本人のインタビューからひも解きます。

 また、今季はエキゾチックな雰囲気が漂うコレクションや職人の繊細な手仕事が光るディテールが多かったのも特徴です。有力バイヤー陣の評価が高かったブランドはどこなのか、具体的なコメントを交えて紹介します。

 ニュース面では10月にジル・サンダー(Jil Sander)の新CEOに就任したアクセル・ケラー(Axel Keller)と前CEOで親会社のオンワードラグジュアリーグループのバイス・プレジデントに就任したアレッサンドラ・ベッターリ(Alessandra Bettari)の2人のインタビューを掲載。好調な「ジル・サンダー」を今後さらに飛躍させる戦略を聞きました。

 海外ニュースでは、創業125周年の米百貨店シアーズ(SEARS)とディスカウントストア、Kマート(K MART)の親会社、シアーズ ホールディングス(SEARS HOLDINGS)の破産の原因を探ります。シアーズHDが犯した“過ち”とは何だったのかを詳しく探ります。

 さらに、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)が10月12~14日に開催した一般公開イベント「レ ジュルネ パルティキュリエール(LES JOURNEES PARTICULIERES)」の詳細をレポートします。14カ国77施設で開催され、来場者数が18万人に上った超人気イベントでは「ディオール(DIOR)」「ルイ・ヴィトン」などのワークショップの様子を写真付きで紹介します。

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料150円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。