2019年春夏ミラノ・コレ第2弾 フィービー「セリーヌ」退任でできた空白の“オトナ女性”市場を担うのは「ジル・サンダー」|WWD JAPAN Vol.2050

※ 商品のお届けは、原則としてDM便にてお届けいたします。お届けまでの目安は、出荷から投函まで3日〜5日程度のお時間を頂いております。
※ 配送方法の特性上、お届け日のご指定は承っておりません。

 10月15日号の「WWDジャパン」は、2019年春夏ミラノ・コレクション報道の第2弾です。ミラノを含め、19年春夏の海外コレクションではスポーツが本命トレンドとして浮上しました。直球のスポーツスタイルは日本の働く女性の日常着としてはなかなか取り入れづらいですが、「プラダ(PRADA)」「ヌメロ ヴェントゥーノ(N21)」などのミラノブランドは、スポーツ要素をエレガントに提案しており、着こなしのヒントが詰まっています。大人の上質な日常着として期待が高まる「ジル・サンダー(JIL SANDER)」をはじめ、注目ブランドのルックも豊富に取り上げています。

 「セルジオ ロッシ(SERGIO ROSSI)」「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」などのミラノを代表する雑貨ブランドでは、ネオンカラー使いが19年春夏のトレンドとして広がっています。“ダッドスニーカー”の進化版といえる、ダッドソールのスポーツサンダルも増えています。

 ニュース面のトップ記事は、「ユニクロ」を手掛けるファーストリテイリングが公開した、東京・有明本部内の物流倉庫について。“物流後進企業”であった同社がマテハン(物流機器)の世界トップメーカーであるダイフクとパートナーシップ結び、二人三脚で構築した最新倉庫を詳しく解説しています。同倉庫を皮切りに、ファーストリテイリングは世界各国の物流倉庫に1000億円規模の投資をして倉庫の自動化を推進。目標とする“情報製造小売業”へと改革を進めています。売上高が2兆円を突破した同社の2018年8月期決算についての解説記事も掲載しています。

 中国のミレニアルズに大きな影響力を持つ、俳優・歌手のエディソン・チャン(Edison Chen)のインタビューにも注目です。藤原ヒロシや高橋盾「アンダーカバー(UNDERCOVER)」デザイナーなどとも親交が深いチャン氏は、今コラボ商品を企画すると中国人に飛ぶように売れる存在で、各国の有力デザイナーやバイヤーにも注目されています。なぜ彼が支持されるのかに迫っています。

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料150円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。