2018年春夏のニューヨーク 洋服が突然カオスになる|WWD JAPAN Vol.2046

※ 商品のお届けは、原則としてDM便にてお届けいたします。お届けまでの目安は、出荷から投函まで3日〜5日程度のお時間を頂いております。
※ 配送方法の特性上、お届け日のご指定は承っておりません。

「WWDジャパン」9月17日号の特集は、「2019年春夏のニューヨーク・コレクション速報」です。9月5日に開幕したNYコレクションは、レインボーカラーのウエアや異素材のハイブリッドが代表例だった先シーズンにダイバーシティーの表現が奥行きを増したシーズン。多様だからこそもはや一言では説明できない、いい意味で「カオス」な洋服がランウエイに続々と現れました。「カオス」を特徴付ける6つのキーワードを紹介します。

 6つの「カオス」の中でも注目は、ぱっと見では何着重ねているのか、どこからどこまでが1着なのか分からない“複雑な構造の洋服”です。レイヤーしているのか?洋服の半分はどこに行ってしまったのか?なんて疑問が次々わいてくる洋服が登場します。

 また、今季のニューヨークはコレクションだけでなく、ニュースが盛りだくさんです。先日ロウアー・マンハッタンにニューヨーク店をオープンしたばかりのディエチ コルソ コモ(10 CORSO COMO)のカルラ・ソッツァーニ(Carla Sozzani)=ディレクターにリアル店舗のあり方を聞きました。また、「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」の新クリエイティブ・ディレクターに就任し、今季デビューコレクションを発表したニコラ・グラス(Nicola Glass)にもインタビューを敢行しました。

 ニュース面では、「ロレックス(ROLEX)」のファミリーブランド「チューダー(TUDOR)」日本上陸を独占スクープ。絶対王者「ロレックス」とは異なるポジショニングで日本市場を開拓するという「チューダー」の戦略について取り上げます。ストリート&カルチャーメディア「ハイプビースト(HYPEBEAST)」が10月に開催するフェスの全貌も公開します。

 さらに、福田晃一リデルCEOによる連載「お父さんのためのインフルエンサー・マーケティング講座」では、「アグリゲーション・アカウント」について解説します。検索エンジンのように、SNSも検索をするために使う人が増加している中、ユーザーが欲する情報を的確に届ける有効な施策とは。連載「スニーカーライフ」では、社会問題化する転売行為について本明秀文アトモス社長に切り込みます。

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料150円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。