2018年春夏の百貨店商況 売れたものを大調査|WWD JAPAN Vol.2042

※ 商品のお届けは、原則としてDM便にてお届けいたします。お届けまでの目安は、出荷から投函まで3日〜5日程度のお時間を頂いております。
※ 配送方法の特性上、お届け日のご指定は承っておりません。

 「WWDジャパン」8 月27日号は、全国の有力百貨店を取材し、2018年春夏シーズンに売れたブランド・商品を検証しています。特選(インターナショナル・ブランド)、婦人服、紳士服、バッグ、シューズ、時計、ファッションジュエリーの7分野で、「この春夏何が売れたのか」「消費者の購買マインドはどのように変化しているのか」「インバウンド(訪日外国人客)の動きはどうか」などに迫りました。18-19年秋冬の商況を占う意味でも必読です。

 特選カテゴリーでは、絶好調の「グッチ(GUCCI)」と「バレンシアガ(BALENCIAGA)」、そしてフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)による最終シーズンとなった「セリーヌ(CELINE)」などの注目ブランドについて、どんな層に何がどれだけ売れたのか取材しています。ジュエリーブランドについては、「1億円超えの商品が売れた」という景気のいい話も多数挙がりました。好調ブランドを追うのと同時に、今春夏やや苦戦したブランドがどこなのか、なぜ苦戦しているのかにも迫りました。

 ニュースページのトップ記事は、ついにNY証券取引所に上場申請をしたラグジュアリーEC大手のファーフェッチ(FARFETCH)について。あらためてそのビジネスモデルを紹介するとともに、上場によってジョゼ・ネヴェス(Jose Neves)創業者兼最高経営責任者が描く未来図や、アナリストがファーフェッチ上場をどう見るかなど、多面的に分析しています。

 中目黒発の新興アパレルとして、近年じわじわと存在感を増しているカラーズについても掲載。担当記者が“これからのファッション業界を引っ張っていく人物の一人”として期待する同社の稲塚勇介・社長がどのようにビジネスを拡げてきたかを紹介しています。

 最終面のファッションパトロールには、今号の発売日の8月27日が映画「男はつらいよ」の第1作が公開された日であることにちなみ、ファッション業界内の寅さんファンが登場。さすがファッションに携わる人たちだけあって、寅さんコスプレの精度が皆異常に高い!必見です。

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料150円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。