2018-19年秋冬パリ特集 トレンドは“ストロング・ウーマン”と“ストリート”|WWD JAPAN Vol.2020

※ 商品のお届けは、原則としてDM便にてお届けいたします。お届けまでの目安は、出荷から投函まで3日〜5日程度のお時間を頂いております。
※ 配送方法の特性上、お届け日のご指定は承っておりません。

 「WWDジャパン」3月26日号は、2018-19年秋冬パリ特集です。トレンドが多様化する中で多くのブランドに共通するステイトメントがありました。それが“ストロング・ウーマン”――芯のある女性像の打ち出しです。そこで今号では“ストロング・ウーマン”を5つのタイプに分類。各ブランドは“強い女性”の要素をどういう要素に落とし込んでいるのかを分析しています。

 一方で、スニーカーやロゴアイテムを取り入れたスタイルがランウエイを席巻し、表紙の「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は、グラフィティで埋め尽くした巨大な雪山を会場に出現させるなど、パリコレではストリートムードが最高潮を迎えています。象徴的なアイテムと共にパリコレのストリートトレンドを紹介します。

 トップニュースは「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」を退任したばかりのキム・ジョーンズ(Kim Jones)の「ディオール オム(DIOR HOMME)」アーティスティック・ディレクター就任について。「セリーヌ(CELINE)」に起用したエディ・スリマン(Hedi Slimane)や「ベルルッティ(BERLUTI)」のハイダー・アッカーマン(Haider Ackermann)ら個性派集団を原動力に、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENESSEY LOUIS VUITTON)が何を目指すのか、意外な人事続きの狙いを探ります。

 国内ニュースでは、いよいよ3月29日に開業する「東京ミッドタウン日比谷」が日比谷地区に与える影響をいち早くリポート。さらに、「アンドモール」や「ストライプデパートメント(STRIPE DEPARTMENT)」はじめとする、相次いでスタートしたファッションECモールによる“「ゾゾ」包囲網”を解説します。

 2月にウェブコンテンツの有料化に踏み切った、米「ワイヤード(WIRED)」のニコラス・トンプソン(Nicholas Thompson)編集長のロングインタビューも掲載。広告収入ではなく“購読”というビジネスモデルを確立することで得たメリットとは?人気ページ「ファッションパトロール」では、パリコレのこぼれネタをお届け。非日常的で大規模な会場演出で観客にインパクトを与えた4つのブランドを評価しました。

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料150円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。